ヒナノキンチャク

top
ヒメハギ科 Polygalaceae
丈は普通5-15cm。葉は5-30mmの卵形~楕円形ですが、先端は丸いものから尖るものまでいろいろ。短柄があります。
花は茎頂に総状に花を付き、長さ2mmほど、萼5枚のうち2枚がピンクの花弁状で横に開いき、花弁は3つで中央の黄色い袋状の花弁、その上に被る2枚が重なった上弁があります。果実は円盤状です。

 

2015.10.10 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

ヒナノキンチャク-全体

咲き始めであるせいか丈が2-4cmほどしかなく、なかなか見つけられませんでした。
普通、丈は5-15cmだそうです。(2013.8 山梨県)

ヒナノキンチャク-全体2

周囲の草の芽とほとんど一緒の丈で、普通の夏草の葉1枚で
充分に隠れるくらいの大きさ。(2013.8 山梨県)

ヒナノキンチャク-全体3

果期の様子。
(2015.10 山梨県)

ヒナノキンチャク-花

下2つの花は果実が大きくなり始めるています。花の基部に苞が見られます。
(2013.8 山梨県)

ヒナノキンチャク-花2
花は2mm。横に開いているピンクの花弁状のものは萼。花弁は下側の黄色い袋状花弁が
目立ち、その上に被さるピンク色のものは、2枚の花弁が重なって1枚に見えています。
袋状の花弁は橙色に変化するようです。(2013.8 山梨県)

ヒナノキンチャク-花3

右の花は果実が大きくなり始めて見えています。
(2015.10 山梨県忍野村)

ヒナノキンチャク-実

果実は3mmほどの円盤状。
(2015.10 山梨県)

ヒナノキンチャク-葉

葉は先端が尖った卵円形。普通1-2cmほどだそうですが、ここにあるものはみな5mm程度でした。中央の葉脈が目立ち、翼のある短い柄が確認できました。(2013.8 山梨県)

ヒナノキンチャク-葉2

葉裏。茎には稜が見られました。
(2015.10 山梨県)

ヒナノキンチャク-茎

よく育った株は葉腋から分枝します。
(2015.10 山梨県)