コバノイチヤクソウ

top
イチヤクソウ科 Pyrolaceae
ツツジ科 Ericaceae
茎が地下を匍い、地上に出て1.5-3cmの広楕円形から円形の葉を束生します。葉の先は円頭で時に先が短く尖り、縁には尖った鋸歯があります。柄は1-3cm。
花は10-15cmほどに伸びた茎の上部に3-7個付き、径10-13mm、萼片は三角状で先が尖り、花柱は長く突き出て湾曲します。花茎には鱗片葉はないか1個。

 

2017.9.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2

コバノイチヤクソウ-全体

葉がやや大きめでイチヤクソウと間違えそうなタイプ。
(2010.8 長野県北八ヶ岳)

コバノイチヤクソウ-全体2

(2011.8 山梨県北岳)


コバノイチヤクソウ-全体3

果期
(2017.9 長野県湯の丸高原)

コバノイチヤクソウ-花

花色は白ですが、やや赤みを帯びているものも多くあります。
(2009.8 長野県北八ヶ岳)

コバノイチヤクソウ-花2

(2011.8 山梨県北岳)


コバノイチヤクソウ-実

(2017.9 長野県湯の丸高原)


コバノイチヤクソウ-葉

葉は柄があり、丸いですが、横長にはなりません。
大きさは3cm以下、縁に尖った鋸歯があります。(2010.8 長野県北八ヶ岳)

コバノイチヤクソウ-葉2

葉に斑入っているものもあります。
(2010.7 群馬県・武尊山)