メヤブマオ

top
イラクサ科 Urticaceae
丈は1m前後、葉は10-20cmの卵円形で薄く、先端は亀葉状に3裂ぎみになることが多く、中央は鋭く長く尖ります。基部が切形になる傾向が見られます。
花は茎の上部の葉腋に雌花花序が付きますが、花序も球状のまとまりがややまばらで、ヤブマオに比べて繊細な感じになります。

 

2019.8.17 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 果期
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 葉5

メヤブマオ-全体

葉の質が薄く、花序がややまばらで細い。
(2007.9 新潟県・旧妙高高原町)

メヤブマオ-全体2

(2019.8 千葉市)


メヤブマオ-全体3

(2017.8 千葉市)


メヤブマオ-果期

(2018.9 千葉市)


メヤブマオ-花

雌花序はやや間欠的に球形が連なった形をしています。
(2019.8 千葉市)

メヤブマオ-花2

白くブラシ状に伸びているのは花柱。
(2014.7 東京都高尾山)

メヤブマオ-実

(2018.9 千葉市)


メヤブマオ-葉

5月の状態。
(2016.5 千葉県四街道市)

メヤブマオ-葉2

葉がとてもよく裂けていたもの。
(2017.7 青森県西目屋村)

メヤブマオ-葉3

葉は大きく3裂、基部は切形になる傾向がありますが、例外もあるようです。
(2014.7 東京都高尾山)

メヤブマオ-葉4

葉表。全体に毛が見られ、縁毛も見られます。
(2014.7 東京都高尾山)

メヤブマオ-葉5

葉裏は白く、脈上に細かな毛が密生。
(2014.7 東京都高尾山)

メヤブマオ-茎

茎には微細な毛が見られました。葉柄は横に伸びるようです。
(2014.7 東京都高尾山)