ナガバヤブマオ

top
イラクサ科 Urticaceae
丈は1-2m、全体に毛はないか少ない。葉は10-20cmの卵状長楕円形で、先端が尾状に長く伸び、3脈が目立ち、規則正しい鋸歯が見られます。
花は茎の上部に雌花花序が、その下に雄花花序が付きます。

 

2017.10.23 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 茎2

ナガバヤブマオ-全体

暖地の低山で見られました。
(2017.8 千葉県 旧・天津小湊町)

ナガバヤブマオ-全体2

このあたりが北限地と思われるエリアの海岸沿いで見られたもの。
葉にやや厚みがあった。(2016.8 山形県鶴岡市)

ナガバヤブマオ-全体3

果期
(2017.9 千葉県 旧・天津小湊町)

ナガバヤブマオ-花

茎の中断には雌花花序が付く。
(2016.8 山形県鶴岡市)

ナガバヤブマオ-花2

雌花。
(2016.8 山形県鶴岡市)

ナガバヤブマオ-花3

雄花花序。
(2017.7 千葉県 旧・天津小湊町)

ナガバヤブマオ-葉

葉は卵状長楕円形で、3脈が目立ち、先が尾状に尖ります。
(2017.7 千葉県 旧・天津小湊町)

ナガバヤブマオ-葉2

葉裏。脈上に僅かに毛が認められました。
(2017.7 千葉県 旧・天津小湊町)

ナガバヤブマオ-葉3

海岸近くにあるものは、葉にやや厚みがあってゴワついていた。
(2016.8 山形県鶴岡市)

ナガバヤブマオ-葉4

同じく海岸のもの。葉脈上や縁に毛が見られました。
(2016.8 山形県鶴岡市)

ナガバヤブマオ-茎

上部の葉腋には離生した托葉が見られましたが、脱落するようで、
中部以下では見られなかった。(2017.7 千葉県 旧・天津小湊町)

ナガバヤブマオ-茎2

海岸にあったものでは、茎には圧毛が密にありました。
(2016.8 山形県鶴岡市)