ヒメイワカガミ

top
イワウメ科 Diapensiaceae
丈は10-20cm、茎は地をはって先端に葉が束生、葉は革質で光沢があり、卵円形で長さ1-5cm、1-5対の鋸歯が見られます。葉の側脈が基部に集まるように見えません
花はふつう白色で総状花序に2-7個。花は径1.5-2cm、漏斗状で先が5裂し斜開して更に細かく裂けます。
赤花はアカバナヒメイワカガミと呼ばれ、本種の変種に格上げされています。

 

2016.2.22 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3

ヒメイワカガミ-全体

花は1-3個程度だそうですが、左のように5個付くものもありました。
(2012.5 栃木県石裂山)

ヒメイワカガミ-全体2

(2012.5 栃木県石裂山)


ヒメイワカガミ-全体3

(2012.5 栃木県石裂山)


ヒメイワカガミ-花

花は純白。ヤマイワカガミよりもさらに白い印象。
(2012.5 栃木県石裂山)

ヒメイワカガミ-葉
側脈が基部の集まらない特長があります。
普通、光沢は鈍いとされますが、朝日のせいか、鈍いとは感じられませんでした。
鋸歯し1-2対~4対くらいまでバラ付いていました。(2012.5 栃木県石裂山)