チョウジギク

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
花枝に白い毛が密生しているのが特徴。
丈は20-85cm、葉は対生して付き、7-13cmの長楕円状被針形で先は尖り基部は鞘状になって茎を抱きます。
頭花は茎頂に散房状に付き、長い柄には白い毛が密生して目立ちます。舌状花はなく、総苞は筒状で総苞片は2列。

 

2018.1.10 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 全体5
  • 葉2

チョウジギク-全体

なんと言っても花枝の白い毛が目立ちます。
(2009.8 群馬県片品村)

チョウジギク-全体2

(2008.9 群馬県谷川岳)


チョウジギク-全体3

(2011.8 長野県白馬村)


チョウジギク-全体4

なんと言っても花枝の白い毛が目立ちます。
(2008.9 福島県尾瀬)

チョウジギク-全体5

(2008.9 群馬県谷川岳)


チョウジギク-花

花柄に白い毛が密生、頭花に舌状花はありません。
(2013.9 長野県白馬尻)

チョウジギク-蕾

(2009.8 福島県尾瀬)


チョウジギク-葉

葉は対生、長楕円状被針形で細かな鋸歯があります。
(2011.8 長野県白馬村)

チョウジギク-葉2

葉面には微細な毛があり、基部は鞘状になって茎を抱きます。
茎にも毛が見られました。(2008.9 福島県尾瀬)