エゾゴマナ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
本州のゴマナの基準種。
全体に大きく、丈は1-1.5m、よく分枝し、茎には短毛が密生します。葉は短柄があり、10-20cmの長楕円形で先が尖り、両面に短毛が多く見られます。
頭花は枝先に散房状に多数付き、径1.5-2cm、総苞は筒形で長さ4-5mmで短毛が密生して白い。
良く似たゴマナは茎や葉の毛が少なく、総苞は長さ3-4mm。

 

2016.5.2 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

エゾゴマナ-全体

海岸で見られたもの。丈はさほど大きいとは感じられませんでしたが、
葉は大きく感じられました。(2015.8 青森県 旧・三厩村)

エゾゴマナ-全体2

茎が全く赤味を帯びないものが多く、かなり印象が違いました。
(2014.7 青森県八戸市)

エゾゴマナ-花

頭花はゴマナと同じ。
(2014.7 青森県八戸市)

エゾゴマナ-花2

総苞はゴマナより少し長く4-5mm。ゴマナは3-3.5mm。確かに長く見えますが、
並べないと気づかない。総苞に短毛が多いのは共通。(2015.8 青森県 旧・三厩村)

エゾゴマナ-葉

葉は長楕円形・・・写真のものはやや上部で被針形に近い形。
(2014.7 青森県八戸市)

ゴマナ-葉2

葉表。あまりよく写りませんでしたが、短毛が結構見られました。
(2014.7 青森県八戸市)

ゴマナ-葉3

葉裏。葉脈や縁に毛が多く見られます。
(2014.7 青森県八戸市)

エゾゴマナ-葉4

葉裏に腺点があると言われますが、小さくやや不明瞭でした。
(2015.8 青森県 旧・三厩村)

エゾゴマナ-茎

茎にも短毛が多く見られます。
(2015.8 青森県 旧・三厩村)

エゾゴマナ-春

(2016.4 青森県八戸市)