エゾムカシヨモギ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は15-55cm、茎には白毛が見られます。根生葉はサジ形で有柄、茎葉は下部では3.5-9.5cmの倒被針形で有柄、中部以上では線状長楕円形で柄はなく、茎を抱き、いずれも両面に白毛が見られます。
頭花は散房状、若しくは円錐状に付き、直径1.5cm、総苞は太い筒形で総苞片は線状被針形で3列、白毛が見られます。

 

2016.3.13 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2

エゾムカシヨモギ-全体

頭花は系1.5cmほど。
(2009.8 北ア・白馬岳)

エゾムカシヨモギ-全体

(2009.8 北ア・白馬岳)


エゾムカシヨモギ-花

頭花は1.5cmほど。咲き進むと舌状花は赤味を帯びることが多い。
(2015.8 山梨県北岳)

エゾムカシヨモギ-花2

総苞は太い筒形、総苞片は3列で毛が多く見られます。
(2015.8 山梨県北岳)

エゾムカシヨモギ-実

(2015.8 山梨県北岳)


エゾムカシヨモギ-葉

茎葉は下部では倒被針形で有柄、中部以上では線状長楕円形、無柄で茎を抱きます。
茎とともに白毛が多く見られます。(2015.8 山梨県北岳)

エゾムカシヨモギ-葉2

根生葉には柄があり、さじ形。
(2015.8 山梨県北岳)