ハハコヨモギ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は10-15cm、全体に長い絹毛が多く、白っぽく見えます。葉の多くはロゼット状に根生し、12-46mmで細かく掌上に2回ほど裂けて裂片は1mmの線形、全体に白い毛をかぶって、やや青っぽく見えます。茎葉は少なくて数枚、13-20mmで2-4回中裂。
花は密な散房状に付き、長さ5mmの鐘形。

 

2016.2.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2

ハハコヨモギ-全体

開花中の花。ただし雨に濡れてしまってちょっとわかりにくい。
(2011.8 山梨県北岳)

ハハコヨモギ-全体2

花は終わっていました。
(2013.9 山梨県北岳)

ハハコヨモギ-全体3

花茎には申し訳程度の小さな茎葉が数枚付く。
(2013.9 山梨県北岳)

ハハコヨモギ-花

花は茎頂に集まって付きます。雨に濡れてしまって、総苞や茎にある
白毛はよく写っていません。(2009.8 長野県木曽駒ヶ岳)

ハハコヨモギ-花2

花茎や柄、総苞にも細かな毛に覆われて白く見えます。写真の花は終わっています。
(2013.9 山梨県北岳)

ハハコヨモギ-葉

葉は細かく掌上に2回裂けて裂片は線形、白毛が見られます。
(2009.8 長野県木曽駒ヶ岳)

ハハコヨモギ-葉2

葉の白毛の正体は圧毛、やや長い毛も混じり開出しているようにも見えています。
葉の裂け方は1回目は3出状、2回目は2-3裂が多い。(2013.9 山梨県北岳)