ヒメムカシヨモギ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
高さは1-2mにもなり、いかにも、夏の「雑草」らしい風情です。
茎には粗く開出する毛が見られます。茎葉は3-10cmの線形で縁にはまばらな鋸歯があり、両面に粗い毛が見られます。根生葉はへら形でやや大きな鋸歯が見られます。
頭花は円錐状に多数付きますが、複総状に見えることも多い。頭花の径は3mm、総苞は筒形、総苞片は線形で3-5列、舌状花は小さいが、ふつうに目視できます

 

2016.8.12 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3

ヒメムカシヨモギ-全体

この時期、どこにでも見られる雑草。河原や比較的新しい造成地などで
一面に見られることも珍しくない。(2016.8 千葉市)

ヒメムカシヨモギ-全体2

咲き始めのシルエット。
(2016.8 千葉市)

ヒメムカシヨモギ-全体3
咲き始めの状態。上部で沢山の枝を分け、更に分枝して沢山の花を付けます。
花序のシルエットは縦長の扇状になり、円錐型になるオオアレチノギク
雰囲気が異なります。(2014.8 千葉市)

ヒメムカシヨモギ-全体4

(2016.7 千葉市)


ヒメムカシヨモギ-花

舌状花は小さいが、はっきり確認出来ます。
(2014.8 千葉市)

ヒメムカシヨモギ-花2

頭花は径3mmほど。
(2016.8 千葉市)

ヒメムカシヨモギ-花3

総苞はやや長めの筒形で、総苞片は3-5列。
(2016.8 千葉市)

ヒメムカシヨモギ-葉

葉は線形。縁毛が見られますが、先端部は寝ていて目立たないことが多い。
(2014.8 千葉市)

ヒメムカシヨモギ-葉2

葉表。明るい緑色をしていて、脈に微毛があり、縁毛が見られます。
写真は先端部で寝ている。(2016.8 千葉市)

ヒメムカシヨモギ-葉3

葉裏。脈に毛があり、まばらに葉裏面にも見られました。
(2016.8 千葉市)

ヒメムカシヨモギ-茎

見にくいですが、中央縦に茎があります。開出する長毛がありますが、
ややまばらで密ではない。(2016.8 千葉市)