コシロノセンダングサ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
5mm程度の白い舌状花が4-7枚あるものです。
丈は25-85cm、葉は羽状全裂し、多くは5小葉からなり、長さ12-19cm、両面に毛が散生します。茎の毛はやや少ない。
頭花は茎頂に疎らに付き、長さ5-8mmの白い舌状花が4-7枚見られます。舌状花は雄しべ・雌しべともに退化して結実しません。
白い舌状花が12mmほどあるものはタチアワユキセンダングサと呼ばれ区別しますが、現時点で沖縄・小笠原以外では見られない様です。
なお、コセンダングサにも白い舌状花のようなものが見られることもあり、コセンダングサと本種の交雑種であるアイノコセンダングサなども短い舌状花のようなものが見られます。

 

2018.11.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 種子
  • 葉2
  • 比較
  • 別名について

シロノセンダングサ-全体

本種にも茎がまっすぐ立ちあがるものと下部の茎が匍う型があるようで、写真は下部が匍う
タイプ。丈は40cmくらい、よく分枝し、これで1株。葉はほぼ3小葉。(2015.10 千葉市)

コシロノセンダングサ-全体2

(2016.11 千葉市)


コシロノセンダングサ-全体2

まっすぐ立ちあがっているもの。丈は1m近い。葉は多くが5小葉。
(2015.11 静岡県南伊豆町)

シロノセンダングサ-花

白い舌状花があります。
(2016.11 千葉市)

シロノセンダングサ-花2

(2015.10 千葉市)


コシロノセンダングサ-実

(2016.11 千葉市)


コシロノセンダングサ-種子

コセンダングサとよく似ており、区別点はわからなかった。
強いて言えば、先端の芒がやや開きぎみですが、普遍性は不明。(2018.11)

シロノセンダングサ-葉

葉は羽状全裂。但し、匍う型は5小葉は少なく、多くは3小葉でした。
(2006.10 千葉市)

コシロノセンダングサ-葉2

葉裏にまばらに毛が見られました。
(2015.10 千葉市)

コシロノセンダングサ-茎

茎にはまばらに粗い毛が見られました。
(2015.10 千葉市)

コシロノセンダングサ-比較

右:本種 中央左:アイノコセンダングサ たまたま本種の群落にアイノコセンダンクセサ
が混ざっていたので、手で引き寄せて撮影。(2018.11 千葉市)

 

「シロノセンダングサ」の名称は、次の2種の別名とされています。

コシロノセンダングサ Bidens pilosa var.minor

別名 シロノセンダングサ、シロバナセンダングサ

オオバナノセンダングサ Bidens pilosa var. radiata

別名 タチアワユキセンダングサ、 アワユキセンダングサ
シロノセンダングサ

経緯は不明ですが、牧野先生が1908年に植物学誌22号でオオバナノセンダングサをシロバナノセンダングサとした経緯があるようです。