ネコノシタ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
葉の姿を猫の舌に見立てたネーミング。ハマグルマとも呼ばれます。
茎は長く地を匍い途中、節から根を出します。葉は1.5-4.5cmの長楕円形~卵形、厚みがあり、両面に剛毛があってザラつきます。
茎の上部は斜上して頭花はその先に付きます、径1.6-2.2cm、総苞は半球形で総苞片は卵形、ここにも剛毛があります。

 

2017.7.30 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 匍匐枝
  • 春2

ネコノシタ-全体

(2007.11 茨城県・旧波崎町)


ネコノシタ-全体2

砂に埋もれて、こんな状態で咲いていました。
(2007.11 茨城県・旧波崎町)

ネコノシタ-全体3

岩場などでは茎が地上を匍い、写真のような姿になります。
(2017.7 千葉県館山市)

ネコノシタ-全体4

(2016.10 千葉県銚子市)


ネコノシタ-花

(2014.11 千葉県銚子市)


ネコノシタ-花2

筒状花は両性花、舌状花は雌性花。どちらの花被にも微細な毛が見られました。
(2014.11 千葉県銚子市)

ネコノシタ-花3

総苞は半球形。総苞片は卵形で上向きの毛が見られました。
(2008.9 千葉県銚子市)

ネコノシタ-実

(2016.11 千葉県銚子市)


ネコノシタ-葉

葉は肉厚で、見た目も猫の舌。
(2010.7 千葉県館山市)

ネコノシタ-葉2

葉表には粗い毛が見られます。
(2014.11 千葉県銚子市)

ネコノシタ-葉3

葉裏脈上の毛が目立ちましたが・・・。
(2016.10 千葉県銚子市)

ネコノシタ-葉4

葉裏全体に短い粗い毛があるようでした。
(2016.10 千葉県銚子市)

ネコノシタ-茎

茎には上向きの毛が多く見られました。葉柄も同様。
(2016.10 千葉県銚子市)

ネコノシタ-匍匐枝

茎は地を匍い、節から葉と根を出して拡がっています。
(2007.11 茨城県・旧波崎町)

ネコノシタ-春

前年の匍匐枝から新芽が出ます。
(2017.3 千葉県館山市)

ネコノシタ-春2

(2017.3 千葉県館山市)