ペラペラヨメナ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は20-50cm、茎はよく分枝し、斜上するか地を匍い、時に垂れ下がります。下部の葉は柄があり、2-5cmの倒被針形で3-5中裂、上部の葉は無柄で全縁または浅く3裂する程度。葉裏はやや白い。
頭花は枝先に付き、径2cm、舌状花は始め白色で後にくすんだ赤色に変化します。

 

2017.5.12 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3

ペラペラヨメナ-全体

茎は細くてよく分枝し、頭花は2cmほど。
(2017.5 千葉市)

ペラペラヨメナ-全体2

水路脇にズラっと並んで咲いていました。
(2011.8 千葉県 旧・佐原市)

ペラペラヨメナ-全体3

水路の擁壁に垂れ盛るように自生していました。
(2016.5 千葉市)

ペラペラヨメナ-全体4

水路の上からのぞき込んで撮影。
(2015.10 千葉市)

ペラペラヨメナ-花

花径は約2cm、秋に見慣れた野菊よりだいぶ小さい。
(2015.10 千葉市)

ペラペラヨメナ-花2

総苞は椀形、総苞片は線形で2列のようでした。写真は咲き始めで、舌状花は赤い。
(2016.5 千葉市)

ペラペラヨメナ-花3

頭花は最初赤く、後に白くなる。
(2017.5 千葉市)

ペラペラヨメナ-葉

(2011.8 千葉県 旧・佐原市)


ペラペラヨメナ-葉2

上部の葉。約2cm、無柄で全縁または浅く3裂する程度。粗い毛が見られました。
質は薄い。(2015.10 千葉市)

ペラペラヨメナ-葉3

葉裏。拡大するとかなり白く見えますが、肉眼では少し白っぽい程度。
粗くやや長い毛が見られました。(2016.5 千葉市)

ペラペラヨメナ-茎

茎には緩い稜があり、粗い毛が見られました。葉の基部や縁にも粗い毛がある。
(2016.5 千葉市)