リュウノウギク

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
関東近郊の低山ではよく見られます。
丈は40-80cm、葉は卵形~広卵形で3中裂~浅裂し、大きな鋸歯があります。表面には短毛があり、裏面は白味を帯びます。頭花は枝先に単生し、径2.5-5cm、総苞は半球形で総苞片は3列。

 

2017.10.16 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 総苞
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 葉5

リュウノウギク-全体

いかにも野菊らしい姿。大抵茎はやや斜上気味になっています。
(2017.10 長野県箕輪町)

リュウノウギク-全体2

丈も40-80cmほどあり、小売りされている小菊より少し花が大きくて普通3cmくらいだと
感じていましたが、5cmくらいになることもあるようです。(2012.10 山梨県忍野村)

リュウノウギク-全体3

(2017.10 長野県箕輪町)


リュウノウギク-全体4

(2015.9 長野県塩尻市)


リュウノウギク-花

希に舌状花が淡いピンク色になるものもありますが、そのようなものは花がやや小ぶり
な場合が多いような気がします。(2008.10 神奈川県箱根町)

リュウノウギク-総苞

総苞は半球形。総苞片は3列で、外片は線形で先は鈍頭で粗い毛が見られ、時に葉状に
なります。内片は狭卵形~卵形で先端は膜質。(2008.10 神奈川県箱根町)

リュウノウギク-葉

下~中部の葉は卵形から広卵形、3中裂~浅裂。写真は花期のもので
葉表の毛はわずか。(2017.10 長野県箕輪町)

リュウノウギク-葉2

上部の葉。
(017.10 長野県箕輪町)

リュウノウギク-葉3

成長期の葉。葉表に毛があって白っぽい。
(2017.7 千葉県館山市)

リュウノウギク-葉4

成長期の葉の葉表の拡大。
(2017.7 千葉県館山市)

リュウノウギク-葉5

葉裏。粗い毛が密生して花期も白い。
(2015.9 長野県塩尻市)

リュウノウギク-茎

茎にははじめ毛が多く白っぽいですが、
花期には多くは脱落して褐色の地の色になることが多い。(2017.7 千葉県館山市)