(雑) サクラオグルマ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
オグルマホソバオグルマの自然交雑種。茎はよく分枝してとホソバオグルマに印象はよく似ていますが、茎が赤みを帯び、葉が茎をやや抱きます。花期に根生葉が残ります。
(以下、観察による記述)
丈は50-80cmくらい、よく分枝します。葉は被針形で鋭頭、基部は少し茎を抱き、縁にはごく浅い鋸歯があります。葉裏は上向きの長毛が多く、茎には屈毛が多い。
頭花は径25-30mmくらい、総苞は半球形、総苞片は5列、線状被針形で開出します。

 

2015.9.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 葉2

サクラオグルマ-全体

よく分枝して側枝はよく伸び、茎が赤みを帯びていました。丈は70-80cmほどありました。
(2015.9 栃木県宇都宮市)

サクラオグルマ-花

(2015.9 栃木県宇都宮市)


サクラオグルマ-全体

このあたりが発見地でしょうか?
(2008.10 千葉県佐倉市)

サクラオグルマ-総苞

総苞は半球形で、総苞片は線状被針形で毛が多く見られました。
頭花はオグルマホソバオグルマの中間の大きさの印象。(2015.9 栃木県宇都宮市)

サクラオグルマ-葉

葉はオグルマに似た印象。茎を抱いています。
(2015.9 栃木県宇都宮市)

サクラオグルマ-葉2

葉裏。毛が多く見られ、腺点は不明瞭でした。
(2015.9 栃木県宇都宮市)

サクラオグルマ-茎

茎には屈毛が多く見られました。
(2015.9 栃木県宇都宮市)