サワギク

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
夏の明るくやや湿りぎみの森の中などでよく目にします。
丈は60cm-1m。花期に根生葉はありません。茎葉は羽状に裂け、両面にまばらに毛が見られます。
頭花は茎頂に散房状に付き、径1.2cm、舌状花の数は多くはなく、舌状花間の隙間が広い

 

2016.9.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

サワギク-全体

あまり陽当たりの良くない林内などでも見かけます。
(2007.8 上高地)

サワギク-全体3

丈が1m前後のもの。
(2016.6 長野県塩尻市)

サワギク-全体3

花期が長く、一部は果実になっていました。
(2016.8 長野県北八ヶ岳)

サワギク-全体4

5月下旬、早くも蕾が見られました。
(2016.5 神奈川県箱根町)

サワギク-花

(2016.6 長野県塩尻市)


サワギク-花2

頭花は1.2cmほど。
(2016.6 長野県塩尻市)

サワギク-花3

総苞片は1列のようです。
(2016.6 長野県塩尻市)

サワギク-葉

葉は羽状に全裂します。
(2009.8 八ヶ岳)

サワギク-葉2

若い葉は毛が多いようですが、少ないものもあり、
必ずしも一定していないようにも見受けられました。(2016.5 静岡県富士宮市)

サワギク-葉3

若い葉の葉裏も同様で、特に脈上の毛が目立ちました。同様に少ないものもあります。
(2016.5 静岡県富士宮市)

サワギク-茎

上部の茎。毛の多いもの。
(2016.6 長野県塩尻市)

サワギク-葉4

中間部以下の葉は一様に、毛はあまり見られなかった。写真は葉裏。
(2016.6 長野県塩尻市)

サワギク-茎

中間部の茎では毛はほとんど見られなかった。葉は茎を抱かない。
(2016.6 長野県塩尻市)