セイタカアワダチソウ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
一時大繁殖して、ススキを圧倒した秋の害草でしたが、最近はだいぶ減って落ち着きました。
丈は2m以上にもなります。茎葉は6-13cmの被針形で先が尖り、3脈が目立ちます。茎や葉には毛が見られます。
花は茎頂の大型の円錐花序に多数付きます。舌状花は雌性花で1列、総苞は3.2-5mm。
よく似たオオアワダチソウは夏に開花し、頭花が少し大きくて数がやや少なく、茎や葉に毛がない。

 

2017.10.26 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3

セイタカアワダチソウ-全体

最近はすっかり定着し、秋の風物詩の1つになった気がします。
小花序は少し下向きの弓なりになります。(2013.10 千葉市)

セイタカアワダチソウ-全体2

(2017.10 千葉市)


セイタカアワダチソウ-花

(2009.10 千葉市)


セイタカアワダチソウ-花2

舌状花は約4mm
(2015.10 千葉市)

セイタカアワダチソウ-花3

総苞は幅の狭い鐘形で総苞片は3-4列。横から冠毛が見えています。
(2016.11 千葉市)

セイタカアワダチソウ-花4

総苞まで黄色いもの。花柄や小花柄、花茎などにはやや上向きの毛が
密に見られました。(2015.10 千葉市)

セイタカアワダチソウ-葉

葉は被針形。3脈が目立ちます。
(2013.10 千葉市)

セイタカアワダチソウ-葉2

葉の表には微細な毛が見られ、ザラつきます。
(2015.10 千葉市)

セイタカアワダチソウ-葉3

葉裏の脈状などにも毛が見られます。
(2015.10 千葉市)

セイタカアワダチソウ-茎

茎には微細な毛が密生。
(2016.10 千葉県木更津市)

セイタカアワダチソウ-実

これだけ果実がつけば、戦後一気に拡大した理由がわかる気がします。
(2012.12 千葉市)