シオザキソウ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は1.5mほどになります。葉は対生し、奇数羽状複葉、小葉は線状被針形で縁には三角状に尖った鋸歯があり、葉裏には褐色の腺が見られます。
頭花は全体として円錐花序に付き、総苞は長い筒状、舌状花は2-3個で淡黄色、ハート形
名は江東区塩崎町(現・江東区塩浜2丁目)に由来します。

 

2017.10.15 作成
  • 全体
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

シオザキソウ-全体

畑跡と思われる草むらにあり、数は多くはありませんでしたが、目立っていました。
(2017.10 群馬県高崎市)

シオザキソウ-花

上部で茎を繰り返し分け、それぞれに花序を付けます。頭花は淡黄色。
(2017.10 群馬県高崎市)

シオザキソウ-花2

舌状花は2-3個でハート形、筒状花も少なく3-4個くらいに見えました。
(2017.10 群馬県高崎市)

シオザキソウ-花3

総苞は長い筒形で片は合着しているように見えました。
赤い斑のような腺のようなものが見られました。(2017.10 群馬県高崎市)

シオザキソウ-葉

葉は対生、奇数羽状複葉、小葉はふつう11小葉。
(2017.10 群馬県高崎市)

シオザキソウ-葉2

小葉には鋭三画状に尖った鋸歯があり、葉軸には多少翼が見られました。
葉裏には褐色の腺が見られました。(2017.10 群馬県高崎市)

シオザキソウ-茎

茎の断面は四角形。葉の基部付近に小さな小葉が見られました。
(2017.10 群馬県高崎市)