シラヤマギク

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は1-1.5m、根生葉は花期にはない。下部の葉は6-15cmの三角状卵形で、狭い翼のある柄があります。
頭花はまばらな散房状に付き、やや小さめで径1.5-2cm、舌状花は5-10個と少なく、やや貧相な感じがします。総苞は4-5mm、総苞片は3列で円頭。
海岸に咲く丈が小さくて葉の厚いものはハマシラヤマギクと呼びます。

 

2017.9.10 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 総苞
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 芽出し

シラヤマギク-全体

(2010.10 千葉市)


シラヤマギク-全体2

(2016.8 新潟県 旧・巻町)


シラヤマギク-花

舌状花は少なくまばら。
(2016.8 新潟県 旧・巻町)

シラヤマギク-総苞

総包片は3列で楕円形。
(2017.9 千葉市)

シラヤマギク-葉

葉は暗緑色、下部の葉には長い柄があり、卵心形。
(2016.8 新潟県 旧・巻町)

シラヤマギク-葉2

上部の葉。
(2017.9 千葉市)

シラヤマギク-葉3

葉表には粗い毛があってザラつく。
(2017.9 千葉市)

シラヤマギク-葉4

葉裏。
(2016.8 新潟県 旧・巻町)

シラヤマギク-葉柄・茎

柄には翼があります。
(2007.9 千葉市)

シラヤマギク-芽出し

表面に毛が多く、卵心形で柄のある葉。
(2014.3 千葉市)