シロヨモギ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は20-60cm、全体が白い毛に覆われていて、白く見えます。葉は厚く、3-9cmの卵形~長楕円形で羽状に中裂、裂片の先端は尖りません。
頭花は狭い円錐花序に付き、7mmほどで総苞は楕円状球形。総苞片は4列。

 

2017.9.18 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉(南限地)

シロヨモギ-全体

全草に白い綿毛が見られます。写真はまだ未開花。
(2014.9 青森県八戸市)

シロヨモギ-全体

(2016.8 青森県鰺ヶ沢町)


シロヨモギ-全体3

砂丘の斜面にあったもの。
(2014.8 青森県八戸市)

シロヨモギ-花

花は7mm。
(2017.9 青森県鰺ヶ沢町)

シロヨモギ-花2

総苞は楕円状球形で、片は4列。
(2017.9 青森県鰺ヶ沢町)

シロヨモギ-葉

葉は羽状中裂。
(2016.6 青森県八戸市)

シロヨモギ-葉2

葉表の綿毛。寄って見るとわずかに緑色の葉が見えます。
(2014.7 青森県六ヶ所村)

シロヨモギ-葉3

葉裏は更に白く、緑色っぽい部分は全く見えない。
(2014.7 青森県六ヶ所村)

シメヨモギ-茎

葉は茎を抱くように密に付きます。
(2017.9 青森県鰺ヶ沢町)

シロヨモギ-葉2

南限地のものは高さ10cm程度で、かろうじて生き延びている感じでした。
(2009.11 茨城県高萩市)

シロヨモギ-茎

(2016.6 青森県八戸市)


シロヨモギ-春

(2016.4 青森県八戸市)