シュウブンソウ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は0.5-1m。茎は真っ直ぐ立ちあがり、その先端部分から2-4本横に茎を伸ばします。葉は7-15cmの長楕円状被針形
頭花は横に伸びる枝の葉腋毎に花を1-2小ずつ付け、花径4-5mm、総苞は広鐘形、草姿はヤブタバコに似ていますが、頭花には小さな舌状花が含まれます。

2014.10.17 Y-Listに従いシオン属に変更しました

 

2017.9.13 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3
  • 茎2
  • 茎3

シュウブンソウ-全体

ヤブタバコに草姿が似ていますが、花が小さく、花が白っぽく見えます。
(2014.9 神奈川県箱根町)

シュウブンソウ-全体

(2009.9 千葉県大多喜町)


シュウブンソウ-全体3

茎が真っ直ぐ立ち上がり、一度成長が止まって茎頂から横に枝が2-4本伸びます。
花は横に伸びる枝の葉腋に付く。(2014.9 神奈川県箱根町)

シュウブンソウ-全体4

小型株では分枝しないものも多く見られ、写真のように
イレギュラーな分枝をするものも希に見られました。(2017.9 千葉県天津小湊町)

シュウブンソウ-花

花は横に伸びる枝の葉腋から短い柄を出して1-2輪付きます。
(2014.9 神奈川県箱根町)

シュウブンソウ-花2

外側が白い花被の舌状花があり、内側にそれより大きな筒状花が見られます。
(2014.9 神奈川県箱根町)

シュウブンソウ-花3

舌状花の花弁は先に落ちてしまうようで、筒状花が咲いている状態。
(2012.9 東京都高尾山)

シュウブンソウ-花4

(2014.9 神奈川県箱根町)


シュウブンソウ-実

若い果実。微細な毛で覆われていました。
(2015.10 千葉県大多喜町)

シュウブンソウ-葉

最初に伸びる一次シュートの葉。葉は長楕円状被針形で普通に付きます。
(2014.9 神奈川県箱根町)

シュウブンソウ-葉2

横に伸びる枝の葉。写真右が先端方向で、ハの字形に付きます。
(2014.9 神奈川県箱根町)

シュウブンソウ-葉3

葉裏。
(2015.10 千葉県大多喜町)

シュウブンソウ-茎

右下から伸びるのが主茎。先端が少し節状に膨らんでいて、
そこから横に枝を分けています。(2014.9 神奈川県箱根町)

シュウブンソウ-茎2

分岐部分。左右横に伸びるのは葉、V字状に伸びる枝と背面が側枝。
(2017.8 東京都高尾山)

シュウブンソウ-茎3

茎には微細な屈毛が密生していました。
(2014.9 神奈川県箱根町)