ホソエノアザミ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は1-1.5m、上部で広角度で枝を分けます。葉は20-40cmの狭楕円形~狭卵状被針形で、羽状中~深裂し、裂片は必ず開出して鋭い1cmほどの刺があります。基部は茎を抱かない。花期に根生葉はありません。
頭花は葉腋から細い花茎を伸ばして総状に付き、横向きかやや下向き、総苞は狭筒形で、片は11-12列、先は長く開出し、ゆるく反曲します。ふつう腺体はなく、粘らない。

 

2017.10.1 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2

ホソエノアザミ-全体

関東西部で良く見るアザミです。
(2012.9 東京都三頭山)

ホソエノアザミ-全体2

(2017.9 静岡県金時山)


ホソエノアザミ-全体3

(2012.9 東京都三頭山)


ホソエノアザミ-花

総苞は筒型で総苞片は反り返ります。クモ毛はありません。
(2012.9 東京都三頭山)

ホソエノアザミ-花2

腺体は見られません。
(2017.9 静岡県金時山)

ホソエノアザミ-葉

葉は羽状に中裂し、裂片は開出します。
(2006.9 神奈川県箱根町)

ホソエノアザミ-茎

葉の基部は茎を抱きません。
(2017.9 静岡県金時山)