マルモリアザミ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は1-2.5m、茎は中部以上でやや広角度に分枝し、葉は卵形~楕円形で粗く羽状深~全裂、基部は茎を抱きます。
頭花は長く伸びた花茎の先などに上向きに付き、大きめですが花数は多くない。総苞は狭鐘形で総苞片は11-12列、長く伸びて反曲します。腺体は痕跡的。

 

2017.10.1 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2

マルモリアザミ-全体

頭花は大きめですが、ここでは丈は1m前後のものが多く、花数も多くはなかった。
(2014.9 宮城県丸森町)

マルモリアザミ-全体2

茎は鋭角的に分枝し、長い花茎の先やすぐ下の葉腋に花を付ける感じ。
(2014.9 宮城県丸森町)

マルモリアザミ-花

総苞片は狭筒形で総苞片は細長く、先端は反曲します。頭花の基部に
苞葉が1枚付くものが多く見られた。(2014.9 宮城県丸森町)

マルモリアザミ-花2

片は11-12列ありますが・・・うかつにも、内片まで写した写真は1枚も撮っていなかった。
メモにも何もナシ。(2014.9 宮城県丸森町)

マルモリアザミ-葉

葉は羽状深裂。裂片は若干開出気味でした。
(2014.9 宮城県丸森町)

マルモリアザミ-茎

葉の基部は張り出して茎を完全に抱き込みます。
(2014.9 宮城県丸森町)