ノハラアザミ / シロバナノハラアザミ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
夏から秋に見られるアザミで最も良く見るアザミの1つ。
丈は0.5-1m、希に2m、根生葉は花期にも残り、25-40cmで羽状深裂し、中肋が赤味を帯びます。茎葉は狭楕円形~狭倒卵形で上部ほど小さく、基部は茎を抱きます。
頭花は長い花茎に1-3個上向きに付き、総苞は1.5-2cmの鐘形。総苞片は11-12列で先が短い刺となって斜上します。腺体はない。

 

2017.10.1 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • シロバナノハラアザミ

ノハラアザミ-全体

ノアザミに代わって、夏~秋にかけて野でよく見るアザミ。上部の葉が小さいのも特徴。
(2014.9 新潟県 旧・妙高高原町)

ノハラアザミ-全体2

(2008.10 千葉市)


ノハラアザミ-花

頭花は2-3個まとまって付くことがよく見られます。
(2015.9 千葉市)

ノハラアザミ-花2

総苞は釣鐘型で粘らない。
(2008.10 千葉市)

ノハラアザミ-花3

総苞片は11-12列、短く斜上し、クモ毛が見られます。
(2015.9 千葉市)

ノハラアザミ-花4

腺体があるように見えるもの。が、痕跡的なもので、粘らない。
(2016.9 千葉市)

ノハラアザミ-茎

茎葉は茎を抱きます。
(2015.9 千葉市)

ノハラアザミ-葉

一番下は根生葉で、花期にも残ります。
(2015.9 千葉市)

ノハラアザミ-葉

毛の多いもの。
(2007.9 長野県湯の丸高原)

シロバナノハラアザミ

(f. albiflorum)
(2006.8 長野県破風高原)