ノリクラアザミ

top
キク科 Asteraceae
キク科 Compositae
丈は1-2m、中部以上で分枝し、側枝は広角度で伸びます。茎葉は楕円形~披針形で羽状に浅~深裂し、葉裏にくも毛が密生していて白く見えます。基部は茎を抱くものも見られます。
頭花は枝先に単生または数個付き、上向き~横向き、総苞は碗形~広鐘形、片は6-7列で開出し、外片と中片は長く伸びて反曲します。腺体はありません。
葉がほとんど裂けないものをマルバノリクラアザミと呼びますが、分類上は分けない。

 

2017.10.1 更新
  • 全体
  • 総苞

ノリクラアザミ-全体

丈は1-1.5m。
(2007.9 乗鞍高原)

ノリクラアザミ-花

総苞は粘りません。
(2007.9 乗鞍高原)

ノリクラアザミ-総苞

総苞は釣鐘型。葉裏の白いのがわかります。茎も白く見えます。
(2007.9 穂高岳)

ノリクラアザミ-葉

葉は羽状に中~深裂。
(2007.9 乗鞍高原)