リクゼンアザミ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
(観察による記述)
丈は1-1.5mほど、葉は長楕円形で多くは羽状中~浅裂、基部はあさく茎を抱きます。
頭花はやや長い柄の先に下向きに付き、中型で総苞は筒型、片は9-10列、腺体はなく、粘らない。

 

2017.10.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3

リクゼンアザミ-全体

まだ時期が早く、咲いていたのはこれ1株だけでした。
(2017.9 宮城県泉ガ岳)

リクゼンアザミ-全体2

(2017.10 宮城県泉ガ岳)


リクゼンアザミ-花

花は下向きに咲いていました。
(2017.9 宮城県泉ガ岳)

リクゼンアザミ-花

片は9-10列程度あるようでした。腺体は見られなかった。
(2017.10 宮城県泉ガ岳)

リクゼンアザミ-花3

8-9列に見えたもの。
(2017.10 宮城県泉が岳)

リクゼンアザミ-葉

(2017.9 宮城県泉ガ岳)


リクゼンアザミ-茎

葉の基部は浅く茎を抱いていました。
(2017.10 宮城県泉ガ岳)