リョウウアザミ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
2mにもなる大きなアザミ。
丈は0.7-2m、茎はがっしりしていて中部でよく分枝しますが、側枝はあまり伸びない。葉は15-25cmの楕円形で縁は鋸歯状、基部は柄状。葉の基部は茎を抱きます。
頭花は中型で上向きに咲き、総苞は広筒形、片は11-12列、開出し反曲します。腺体はあっても痕跡的。

 

2017 10.1 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

リョウウアザミ-全体

丈が2mを遙かに超えるものもある超大型のあざみ。斜面の上のほうで、他の植物を
見下ろすように斜上している立派なものがいくつか見られました。(2014.9 山形県鶴岡市)

リョウウアザミ-全体2
中部以下の葉はとても大きく、30cm以上あります。
写真に写っている頭花は中間部から分枝した茎に付いたもので、
茎の最上部は写真右端より50cm以上右。(2014.9 山形県鶴岡市)

リョウウアザミ-花

花は中型で上向き。
(2014.9 山形県鶴岡市)

リョウウアザミ-花2

総苞片は開出し反り返ります。
(2014.9 山形県鶴岡市)

リョウウアザミ-花3

総苞片は9列前後くらいで長く開出、写真のものは10列に見える。内片に小さな腺体が
見えていますが、痕跡的で粘りは感じなかった。(2014.9 山形県鶴岡市)

リョウウアザミ-葉

中部以下の葉。卵形~楕円形で裂けず、縁は鋸歯状。基部は細まり柄状になります。
(2014.9 山形県鶴岡市)

リョウウアザミ-葉2

希に少し裂けるものもありました。
(2014.9 山形県鶴岡市)

リョウウアザミ-茎

葉は茎を抱きますが、葉の基部は拡がらず、柄状の葉の基部が抱く抱き方。
(2014.9 山形県鶴岡市)