シドキヤマアザミ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
山地の湿性地で見られるアザミ。
丈は1..2-2.4m、中部以上で鋭角的に分枝します。葉は広卵形~広楕円形で羽状深裂~鋸歯縁まで様々、やや厚みがあって軟質、刺々しさはなく、やや茎を抱きます。
頭花は中型でそれぞれの枝に総状に付き、柄はごく短いか無柄でふつう下向き、総苞は筒形で総苞片11-12列、外片と中片は開出します。ふつう腺体はなく、粘りませんが、時に中片に現れて少し粘ります。

 

2017.10.1 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • <参考>
  • <参考2>

シドキヤマアザミ-全体

山地の森に囲まれた、陽当たりがさほど悪くない湿った荒れ地や
その周囲に沢山ありました。(2015.9 茨城県 旧・里見町)

シドキヤマアザミ-全体2

丈が2m近いものもいくつも見られました。
(2015.9 茨城県 旧・里見町)

シドキヤマアザミ-花

頭花は中型で横~下向き。茎は鋭角的に伸びますが、頭花が多数付くと自重で
やや角度が広くなるものも少なくなかった。(2015.9 茨城県 旧・里見町)

シドキヤマアザミ-花2

総苞片は開出し、中片が少し反り返るものもありました。
(2015.9 茨城県 旧・里見町)

シドキヤマアザミ-花3

総苞片の開出がやや短いもの。総苞片は11-12列。多少クモ毛が見られました。
中片と外片には微毛も見られました。(2015.9 茨城県 旧・里美村)

シドキヤマアザミ-花4

腺体はないか痕跡的で、総苞は粘らない。
(2015.9 茨城県 旧・里見町)

シドキヤマアザミ-葉

葉はふつう、羽状中裂~深裂、時に鋸歯状で刺々しさはありません。下部の葉より少し上が最も大きいですが、下部の葉は失われているものも多い。(2015.9 茨城県 旧・里見町)

シドキヤマアザミ-葉2

葉裏にもあまり毛はなく、ややザラザラした感じ。中肋は太くしっかりしている印象で、
側脈もはっきり浮き出て立体感のある厚みを感じました。(2015.9 茨城県 旧・里美村)

シドキヤマアザミ-茎

葉の基部はやや茎を抱く。
(2015.9 茨城県 旧・里美村)

シドキヤマアザミ-全体

海岸から1kmほど内陸の森に隣接したやや湿った荒れ地に点在していました。
(2014.10 福島県いわき市)

シドキヤマアザミ-葉

<参考>の葉。海が比較的近い場所のせいか、柔らかいというほどではないけれど、
刺々しさもありませんでした。(2014.10 福島県いわき市)