ショウナイトウヒレン

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
トガヒゴタイホクロクトウヒレンの中間形態のようなトウヒレン。
(一部観察による記述)
丈は~1m、葉は卵形で下部でも葉身は15-20cmくらい、柄に翼があり、茎の翼に続きます。上部の葉は序々に小さくなり、柄も短い。
頭花は茎頂、及び上部の葉腋から枝を伸ばしてそれぞれ総状に付き、やや小さく、総苞は細い筒形、総苞片は狭卵形で8列前後、先端は斜上します。白い短毛が見られます。クモ毛はないか少ない。花柄は良く似たホクロクトウヒレンより遙かに短い。

 

2016.9.17 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2
  • 茎2

ショウナイトウヒレン-全体

林縁、山際の2箇所で見られました。
(2016.9 山形県 旧・温海町)

ショウナイトウヒレン-全体2

開花直前のもの。上部の葉腋にも複数の頭花が付いていました。
(2016.9 山形県 旧・温海町む)

ショウナイトウヒレン-花

花柄がごく短いところがホクロクトウヒレンと異なる。
(2016.9 山形県 旧・温海町)

ショウナイトウヒレン-花2

総苞片は8列で斜上します。総苞はそれほど細いとは思えませんでしたが、頭花は小さい。
クモ毛は顕著に見られなかった。(2016.9 山形県 旧・温海町)

ショウナイトウヒレン-葉

下部の茎葉。卵形でトガヒゴタイのように大きくない。
(2016.9 山形県 旧・温海町)

ショウナイトウヒレン-葉2

茎が伸びていないもので見られた根生葉。茎葉に比べて大きい。
(2016.9 山形県 旧・温海町)

ショウナイトウヒレン-茎

葉の翼がそのまま茎の翼に続いていました。
(2016.9 山形県 旧・温海町)

ショウナイトウヒレン-茎2

翼にはまばらに毛が見られました。
(2016.9 山形県 旧・温海町)