ザオウアザミ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は1-1.5m、茎葉は17-29cmの長楕円形で4-6対に羽状中裂~鋸歯状、基部は少し茎を抱きます。
頭花は総状に付き、横向きで短柄があるか無柄。総苞は鐘形でクモ毛があり、総苞片は7-8列で開出・斜上し、腺体があって粘ります。

 

2017.10.1 更新
  • 宮城側・全体
  • 山形側・全体
  • 葉2

ザオウアザミ-全体

咲き始め。山形県側のものに比して葉が細く、裂け方が深い印象のものが
多かったようです。(2012.8 宮城県不忘山)

ザオウアザミ-花

総苞中片は斜上、外片はやや短く、開出。クモ毛が見られました。
(2012.8 宮城県不忘山)

ザオウアザミ-葉

葉は羽状中~深裂するものが多く見られ、刺は鋭い印象。
(2012.8 宮城県不忘山)

ザオウアザミ-茎

葉の基部は少し茎を抱きます。
(2012.8 宮城県不忘山)

ザオウアザミ-全体2

丈の大きなものは花が終わっていて、小さなものが遅れて咲いていました。
(2015.9 山形県蔵王山)

ザオウアザミ-花

総苞片は7-8列、斜上し外片は短い。クモ毛が見られます。
(2015.9 山形県蔵王)

ザオウアザミ-葉

全体3の葉。やや茎を抱いています。下部の茎葉は羽状中裂。
(2015.8 山形県蔵王山) <カラーバランスが崩れていたためモノクロ変換>

ザオウアザミ-葉

葉の抱き方がやや深いもの。
(2015.8 山形県蔵王)