カニコウモリ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は60-100cm、茎葉は3枚前後で長さ6-10cmの横長の腎円形・・・カニの甲羅のような形で縁に不揃いの切れ込みがあり、先は短く尖り基部は心形、翼のない柄があり、柄の基部は張り出さない
頭花は茎頂の円錐状の花序に付き、総苞は狭い筒形で8-9mm、片は3個、小花は3-5個、花冠は深く深裂して先端はやや丸まる。

 

2017.10.16 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

カニコウモリ-全体

丈は0.5-1mほど。
(2016.8 長野県北八ヶ岳)

カニコウモリ-全体2

丈は0.5-1mほど。
(2014.9 岩手県大迫町)

カニコウモリ-全体3

(2017.9 静岡県富士山)


カニコウモリ-花

頭花は3-5個の小花からなります。
(2007.8 長野県上高地)

カニコウモリ-花2

(2016.8 長野県北八ヶ岳)


カニコウモリ-花3

総苞片は3個と想像出来ます。
(2016.8 長野県北八ヶ岳)

カニコウモリ-葉

葉はふつう3枚、カニの甲羅状で、台形の上片を三角にしたようなイメージ。
(2014.9 岩手県大迫町)

カニコウモリ-葉

葉は腎形で不規則な鋸歯があり、基部は心形、柄に翼はない。
(2014.9 岩手県大迫町)

カニコウモリ-葉3

葉裏。
(2017.8 群馬県尾瀬)

カニコウモリ-葉4

上部の葉は小さく、さらに上の葉は被針形になったりします。
(2017.9 静岡県富士山)

カニコウモリ-茎

葉柄の基部は張り出さない。
(2014.9 岩手県大迫町)