カワラウスユキソウ

top
キク科 Asteraceae
キク科 Compositae
ウスユキソウの石灰岩変異。
丈10-20cmと小型で、茎は固く、葉は小さく、長さ2cmの長楕円形で両面に綿毛が密にあって白い
頭花は枝先に散房状にややまばらに付き、総苞は約5mm。
同所的に見られるトダイハハコは、苞葉がなく、頭花がやや密により多数付き、総苞がやや大きく、片か開出します。

 

2017.9.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 葉2
  • 葉3

カワラウスユキソウ-全体

石灰岩の岩場から半ば垂れ下がるように咲いていました。
(2017.9 長野県 旧・長谷村)

カワラウスユキソウ-全体

(2011.9 長野県)


カワラウスユキソウ-全体3

茎が細いので、平らな場所で咲くとこんな姿になることも・・・。
(2017.9 長野県)

カワラウスユキソウ-全体4

葉の形がやや倒披針形で、共棲状態にあるトダイハハコと紛らわしかったもの。
(2017.9 長野県)

カワラウスユキソウ-花

頭花はすべて両性花で、小さく、~10個程度が集まって付きますが、全体としてはまばらに
見える。総苞片は3列程度、全体がクモ毛に覆われています。(2017.9 長野県)

カワラウスユキソウ-葉

葉は長楕円形・・・ですが、写真のようなさらに細いものも見られた。
写真き下部の葉で、葉表の綿毛はだいぶ少なくなっていた。(2017.9 長野県)

カワラウスユキソウ-葉2

中部付近の葉表。
(2017.9 長野県)

カワラウスユキソウ-葉3

葉裏。綿毛が密で字の色が全く見えない。
(2017.9 長野県)

カワラウスユキソウ-茎

茎は細く、綿毛が密に見られます。
(2017.9 長野県)