キッコウハグマ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
高さが10-30cmほど、葉は根元付近に5-11枚集まって付き、1-3cmの5角状の心形で、両面に毛があり、葉身の2倍近い柄があります。
頭花は枝に穂状、希に複穂状につき、小花は3個、径5mm、総苞は長さ10-15mm。ただし、閉鎖花となることが多い。

 

2019.5.27 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4
  • 葉5
  • 葉6
  • 葉7

キッコウハグマ-全体

丈は10-20cmと小さい。閉鎖花となることが多く、
蕾に見えるものが全部咲くとは限りません。(2017.11 静岡県南伊豆町)

キッコウハグマ-全体2

株はよく見ますが、咲いている姿をまとまって見られる機会はあまりありません。
(2017.11 静岡県南伊豆町)

キッコウハグマ-全体3

(2009.11 千葉市)


キッコウハグマ-花

頭花は3つの小花で構成されます。
(2008.10 東京都高尾山)

キッコウハグマ-花2

総苞片は内片が大きい。
(2009.11 千葉市)

キッコウハグマ-実

(2009.11 茨城県高萩市)


キッコウハグマ-葉

根際の葉は五角形で基部は心形。
(2019.5 静岡県 旧・天城湯ヶ島町)

キッコウハグマ-葉2

輪生にも見えますが、密な互生。
(2015.11 千葉県 旧・岬町)

キッコウハグマ-葉3

葉表。光沢がありますが、粗い毛もある。写真は春の状態。
(2016.5 栃木県日光市)

キッコウハグマ-葉3

花期までに毛はだいぶ抜け落ちててしまうことも多い。
(2015.11 千葉県 旧・岬町)

キッコウハグマ-葉4

葉裏。長い毛が見られますが、こちらも花期までに落ちることも多い。
写真は春の状態。(2016.5 栃木県日光市)

キッコウハグマ-葉6

花茎状の部分には、小さな葉が2枚数程度見られ、やや茎を抱くような感じでした。
この葉にも、茎にも毛が見られました。(2015.11 千葉県 旧・岬町)

キッコウハグマ-葉7

葉が裂けていたもの。例外的と思われます。
(2019.5 静岡県 旧・天城湯ヶ島町)