コウモリソウ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は30-90cm、葉は三角状ほこ形で5浅裂、下部の葉は長さより幅のほうが広くて幅は13-15cm、3.5-6cmの長柄があります。葉柄の翼はあっても柄の上部のみで、基部にはなく、茎は抱かない
花はまばらな円錐花序に付き、小花は6-10個、総苞は7.5-10cmで片は6-7個
葉に翼のあるののは、オクヤマコウモリと呼ばれます。

 

2016.1.9 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2

コウモリソウ-全体

丈は0.6-0.9m、林内などでよく見ます。
(2007.8 穂高岳)

コウモリソウ-全体2

(2015.7 山梨県北岳)


コウモリソウ-花

頭花は6-10個の小花からなります。
(2007.8 穂高岳)

コウモリソウ-花2

(2015.7 山梨県北岳)


コウモリソウ-葉

葉は三角状で縁に不規則な鋸歯があります。柄に翼はないか、あっても上部のみ。
(2015.7 山梨県北岳)

コウモリソウ-葉2

上部の葉。
(2010.8 山梨県北岳)

コウモリソウ-茎

葉の基部は茎を抱かない。
(2015.7 山梨県北岳)