ミミコウモリ <暫定>

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
丈は60-12cm、茎は葉腋毎に稲妻形に曲がります。葉は長さ7-17cmの横長の腎形で縁に不揃いの欠刻があり、先は急に尖り基部は心形、長柄があってその基部は耳状に張り出して茎を抱きます
花は複数の総状花序が円錐状になった花序に多数付き、総苞は8-10mm、片は5個、小花は3-5個

 

2017.6.5 作成
  • 全体
  • 葉2

ミミコウモリ-全体

茎が少し赤味を帯びているものが本種と思われるもの。
その周囲にある葉がやや丸みを帯びているものはタマブキ。(2017.5 青森県 旧・相馬村)

ミミコウモリ-葉

葉は腎円形で不規則な歯牙があり、先はツンと尖ります。
(2017.5 青森県 旧・相馬村)

ミミコウモリ-葉2

葉の基部は大きく耳状に張り出して茎を抱き込んでいました。葉柄の上部には
翼が見られましたが基部にはほとんどない。(2017.5 青森県 旧・相馬村)