タムラソウ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
一見アザミですが、葉に刺は全くなく、触っても痛くない。
丈は30-140cm、葉は羽状全裂で裂片は
被針形~長楕円形
、不規則な粗い鋸歯とがあります。下部の茎葉には長柄があります。
頭花は茎頂に上向きに付き、3-4cm、総苞は広卵状球形で総苞片は7列、外片は広被針形で内側ほど細くなる。先端は針状に尖ります。

 

2016.2.4 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 色違い

タムラソウ-全体

一見アザミですが、全体に刺はありません。
(2008.8 長野県八方尾根)

タムラソウ-全体2

半分草原に埋もれながら咲いていました。
(2015.8 群馬県谷川連峰)

タムラソウ-全体3

海岸風衝地のもの。丈はわずか20cm。
(2014.9 青森県深浦町)

タムラソウ-花

雄性期。総苞は広卵状球形。最外周の小花は細い筒状で先が3-5裂、
雄しべ、雌しべともにない。(2015.8 群馬県谷川連峰)

タムラソウ-花2

雌性期。
(2008.8 長野県八方尾根)

タムラソウ-葉

葉は羽状に全裂します。刺はありません。
(2015.8 群馬県谷川連峰)

タムラソウ-葉2

脈上と縁に毛が見られました。
(2015.8 群馬県谷川連峰)

タムラソウ-茎

(2015.8 群馬県谷川連峰)


タムラソウ-色違い

淡いピンク色の頭花のもの。綺麗でした。
(2017.8 群馬県谷川岳)