ジシバリ (イワニガナ)

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
春先、やや湿った田のまわりなどで見かけるお馴染みの花です。
茎は地を匍って拡がり、8-15cmほど花茎を立ち上げます。葉は卵形~広卵形で長い柄があり、葉身は1-3cm。
頭花は2-2.5cm、総苞は8-10mmで総苞片は線状被針形で外片は小さい。
よく似たオオジシバリは葉が倒被針形~ヘラ状楕円形、花がひとまわり大きく2.5-3cm。

 

2016.5.17 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2
  • 芽出し

ジシバリ-全体

田んぼのまわりなどでよく見かけます。
(2006.4 茨城県・旧新治村)

ニガナ-全体2

(2013.4 千葉市)


ジシバリ-全体3

(2016.5 新潟県 旧・高柳町)


ジシバリ-全体4

(2016.4 千葉市)


ジシバリ-花

花は2-2.5cmほど。
(2016.4 千葉市)

ジシバリ-花2

総苞は8-10mm、片は2列、内片は小さく、5-8個。
(2016.4 千葉市)

ジシバリ-葉

葉は長い柄があり、卵円形~広卵形。
(2016.4 千葉市)

ジシバリ-葉2

走出枝を出して増えます。
(2013.4 千葉市)

ジシバリ-芽出し

このあたりでは、葉が出てくるのは2/下旬~3/上旬。
(2014.3 千葉市)