コウリンタンポポ

top
キク科 Compositae
キク科 Asteraceae
牧草地などが多い北地でよく群生している花。
丈は20-50cm、走出枝を出して拡がります。全体に黒い剛毛や白い長毛が見られ、根生葉は長楕円形、茎葉は見られないか、あっても1-2枚。
頭花は茎頂にまとまって10個前後付き、花径2cm。総苞片は1列で黒色の剛毛がありれます。

 

2019.6.22 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2

コウリンタンポポ-全体

北海道でよく群生していますが、最近は東北でも見る機会が増えました。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

コウリンタンポポ-全体2

(2007.6 北海道稚内市)


コウリンタンポポ-全体3

北海道ではよく群生しています。
(2007.6 北海道稚内市)

コウリンタンポポ-花

頭花は茎頂に密に10個ほど付きます。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

コウリンタンポポ-花2
総苞には黒色の剛毛に長い開出毛と腺毛が混ざっています。
この個体の柄には黒色の腺毛と微細な伏毛があり、
バリエーションがあるのではと感じました。(2014.9 青森県六ヶ所村)

コウリンタンポポ-花3

(2014.9 青森県六ヶ所村)


コウリンタンポポ-葉

葉は長楕円状被針形~線状被針形。茎葉はほとんど付きません。
開出した軟毛が目立ちます。(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

コウリンタンポポ-葉2

葉裏にも長い毛が多い。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)

コウリンタンポポ-茎

白い長毛に黒い剛毛が混ざっていました。
(2019.6 新潟県 旧・松之山町)