サワギキョウ

top
キキョウ科 Campanulaceae
丈は0.5-1m、茎は分枝せず、真っ直ぐ立ちあがります。葉は4-7cmの被針形で数多く互生し、縁に上向きに寝た鋸歯があります。
花は茎頂に密な総状花序に付き、唇形花で、下唇3中裂、上唇は基部で2裂し、その裂け目から雄しべが合着した花柱が上に伸びています。萼は半球形で裂片は広線形で鋭く尖ります。

 

2017.8.31 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 葉2
  • 葉3
  • 初夏

サワギキョウ-全体

8月下旬になると、ここは一面に紫のこの花で埋まります。
(2011.8 長野県白馬村)

サワギキョウ-全体2

湿原の秋には欠かせない花の1つ。
(2009.8 群馬県尾瀬)

サワギキョウ-全体3

(2017.8 群馬県尾瀬)


サワギキョウ-花

(2008.8 長野県白馬村)


サワギキョウ-花2

雄しべと雌しべは合着して花冠の上に付いています。花冠は萼から出る手前で1カ所裂け、中部で両脇が裂け、先端手前で3裂する。写真は雄性期。(2014.8 長野県白馬村)

サワギキョウ-花2

雌性期。花柱が伸びて顔を出しています。花冠の裂片には毛が見られます。
(2014.8 長野県白馬村)

サワギキョウ-花4

花柱の先端は2裂し、柱頭は半球状。
(2014.8 長野県白馬村)

サワギキョウ-蕾

蕾からは、あのような形の花になるとは想像しがたい。
(2015.7 長野県白馬村)

サワギキョウ-実

(2012.8 青森県八甲田山)


サワギキョウ-葉

葉は被針形、縁に細かな鋸歯があります。
(2006.9 神奈川県箱根町)

サワギキョウ-葉2

葉表
(2017.8 群馬県尾瀬)

サワギキョウ-葉3

葉裏は白っぽいですが、毛はないようです。
(2015.7 長野県白馬村)

サワギキョウ-茎

(2015.7 長野県白馬村)


サワギキョウ-初夏

雪融けから1.5ヶ月くらいの状態。丈は20cmほど。
(2016.7 群馬県尾瀬)