ハイキンポウゲ / ヤエキンポウゲ

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
茎が立ち上がらず、倒れて根を出したり、根本から匍枝を出して増えます。
丈は15-50cm、全体に粗い毛が多い。葉は3出複葉で葉身の幅5-15cm、葉は更に3出状に細裂します。
花は約2cmで強い光沢があります。集合果はほぼ球形。
欧州由来と言われるものが園芸用としても販売され、各地で逸失しており、人工交配によって作られた八重咲き種であるヤエキンポウゲも見られます。

 

2017.12.24 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 葉2
  • 茎2
  • 茎3
  • 茎4
  • <参考>
  • ヤエキンポウゲ
  • 同・花
  • 同・葉

ハイキンポウゲ-全体

林内の狭い範囲に唐突にあって驚きました。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

ハイキンポウゲ-全体

北海道で見たもの。
(2007.6 北海道・豊富町)

ハイキンポウゲ-全体3

地面に匍っているのは全て本種の茎。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

ハイキンポウゲ-花

花は径2cmで、ウマノアシガタとほぼ同じ。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

ハイキンホウゲ-花2

萼には長い毛が見られた。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

ハイキンポウゲ-実

(2017.7 栃木県 旧・栗山村)


ハイキンポウゲ-葉

葉は3出複葉で、小葉は更に1-2回3裂します。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

ハイキンポウゲ-葉2

葉の両面に粗い毛があり、小葉柄や葉柄にも見られました。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

ハイキンポウゲ-茎

茎は地を匍って伸びていきます。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

ハイキンポウゲ-茎2

節から葉と根が伸びています。矢印は根の基部。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

ハイキンポウゲ-茎3

軽く引っ張ってみたら・・・。
(2017.7 栃木県 旧・栗山村)

ハイキンポウゲ-茎4

茎が開出毛のものもあるようで、どちらが標準なのか・・・。
(2007.6 北海道・豊富町)

ハイキンポウゲ-全体

標高が高いとこんな姿になるのかも・・・と思ったもの。スキーゲレンデでもあるこの場所の
ものは、外来由来の可能性が高いと思いました。(2009.7 長野県白馬村)

ヤエキンポウゲ-全体
ハイキンポウゲの八重咲き。ハイキンポウゲは欧州にも自生し、
それを彼の地で品種改良した園芸種。各地で逸失しているが、果実はできないと
思うので、捨てられる等して増えているのだろうか?(2017.5 岩手県二戸市)

ヤエキンポウゲ-花

雄しべが花弁化したものと思われ、花の終わったものを見る限り、不稔のようでした。
(2017.5 岩手県二戸市)

ヤエキンポウゲ-葉

茎葉。葉は3出複葉。
(2016.5 岩手県二戸市)