キタダケキンポウゲ

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
10-20cmほどの小さなキンポウゲです。
根生葉は3-4枚で柄があり、2.5cm以下で3深裂し、側裂片は2-3中~深裂します。茎葉はふつう3枚、上部は3全裂、下部はさらに深裂し、それぞれ裂片は1-2.5cmほどの線形
花は茎頂に1つ付き、径1.5cm。萼片には長毛があります。集合果は6mm。

 

2016.3.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 葉2

キタダケキンポウゲ-全体

比較的大きな株でもこの程度。丈は10cmほど。
(2011.8 北岳)

キタダケキンポウゲ-全体2

(2011.8 北岳)


キタダケキンポウゲ-花

花は1.5cmほどで花弁の大きさはややまちまち。
(2011.8 北岳)

キタダケキンポウゲ-葉

根生する葉は3裂し、さらに裂けています。茎葉の最終裂片は線形で1-2枚。
全体に白っぽい。(2011.8 北岳)

キタダケキンポウゲ-葉2

茎葉。
(2011.8 山梨県北岳)