ナンタイブシ

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
花柄が無毛のトリカブトの1つ。
丈は80-170cm、葉は幅10-19cmで基部付近まで3深裂し、側裂片はさらに2中~深裂しますが、それ以上はあまり大きな切れ込みは入りません。裂片は被針形で両面無毛。茎も無毛。
花は散房状~総状に付き、やや小型で長さ1.5-3cm、雄しべは有毛、雌しべはふつう無毛、萼、花柄も無毛。
同じ花柄が無毛のサンヨウブシ(ジョウシュウトリカブトを含む)は葉が5-7中裂、タカネトリカブトハクバブシは本種より裂け方少し浅く、葉の脈上に毛が見られます。

 

2016.2.8 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 花柄
  • 葉2
  • 葉柄

ナンタイブシ-全体

湖のほとりにあったもの。
(2008.9 群馬県赤城山)

ナンタイブシ-全体2

やや暗い林内にあったもの
(2013.9 栃木県 旧・足尾町)

ナンタイブシ-花

(2013.9 栃木県鹿沼市)


ナンタイブシ-花2

萼に内側は長毛が多く見られます。
(2013.9 栃木県鹿沼市)

ナンタイブシ-花3

花糸にも毛が見られました。
(2013.9 栃木県鹿沼市)

ナンタイブシ-花4

萼片の外側も無毛。
(2013.9 栃木県鹿沼市)

ナンタイブシ-花柄

花柄にも毛はありません。
(2013.9 栃木県鹿沼市)

ナンタイブシ-実

果実も無毛。
(2013.9 栃木県鹿沼市)

ナンタイブシ-葉

(2013.9 栃木県 旧・足尾町)


ナンタイブシ-葉2

縁や葉面にごく微細な毛のようなものが少しあるようにも見えましたが、写らなかった。
花粉なのかもしれない。(2008.9 群馬県赤城山)

ナンタイブシ-葉柄

葉柄や葉脈にも毛は見られませんでした。
(2013.9 栃木県鹿沼市)