シロバナハンショウヅル

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
ツル性植物。
葉は1回3出複葉、長柄があり、小葉は卵形で中~浅裂し、先は鋭頭、少数の鋸歯が見られます。
花は新枝の基部の葉腋から柄を伸ばして1つ付き、淡黄色の花弁に見えるのは1.5-2cmほどの広楕円形~卵形の萼片で4つ。外側に長毛が見られます。花弁はありません。

 

2012.2.8 作成
  • 全体

シロバナハンショウヅル-全体

(2009.5 筑波植物園) <植栽>


シロバナハンショウヅル-葉

葉は3出複葉、小葉は3中裂します。
(2009.5 筑波植物園) <植栽>