シロガネソウ (ツルシロガネソウ)

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
山地の落葉樹林内で見られることの多い花。
丈は10-20cm、根生葉は1枚で茎葉は1対付き、葉鞘は合着します。側小葉はしばしば2全裂、頂小葉は長い小葉柄があり、菱状卵形で欠刻状の鋸歯があり、先端はやや伸びます
花は12-15mmほどで良く似たハコネシロガネソウより大きく綺麗です。花弁に見えるものは萼で倒卵形で5枚、時に紫条が入り、花弁は黄色で柄のある杯状。

 

2019.6.7 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 全体4
  • 花2
  • 葉2

シロガネソウ-全体2

落葉樹林内で咲いています。よく似たハコネシロガネソウは花柄が短く、
もう少し花が小さい。(2010.5 静岡県安倍峠)

シロガネソウ-全体2

(2019.6 山梨県三ツ峠山)


シロガネソウ-全体3

右下に見えているのは根生葉。
(2010.5 静岡県安倍峠)

シロガネソウ-全体4

小さな群れを作っていることが多い。
(2019.6 山梨県三ツ峠山)

シロガネソウ-花

萼片は倒卵形で、美しい形をしています。黄色いものが花弁。
(2008.4 山梨県 旧・上一色村)

シロガネソウ-花2

ふつう、花柱は2つ。が、3つのものもありました。
(2010.5 静岡県安倍峠)

シロガネソウ-葉

茎葉は対生し、先端はやや尖り、基部は2枚が合着しています。よく似たハコネシロガネソウは小葉の先端が短くて丸く、葉面が平滑で薄い感じです。(2009.7 三ツ峠山)

シロガネソウ-葉2

根生葉。
(2014.6 山梨県三ッ峠山)

シロガネソウ-実

(2010.7 三ツ峠山)