シュウメイギク

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
古来中国から渡り、観賞用として愛されてきた花。逸失して野生化しています。
丈は50-80cm、根生する葉は大型で3小葉からなり、小葉は3-5中~浅裂で小葉柄があります。下部の茎葉は根生葉に同じ、上部の茎葉は無柄です。
花は約5cm、花色は白からピンク、花弁に見えるものは萼で、萼は普通30個と言われますが、萼片が大きくて数の少ないものもあります。

 

2012.2.8 作成
  • 全体

シュウメイギク-全体

山際の田んぼの脇に無造作に咲いていました。他に赤花があり、花弁が裂けるものも
あります。(2007.8 長野県・松川村) <植栽?>

シュウメイギク-葉

葉は3出複葉、小葉は3-5裂。
(2007.8 長野県・松川村) <植栽?>