ツクモグサ

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
春、まだ他の多くの花が咲き出す前の高山で見られます。
丈は15-20cm。茎や葉、萼には始め軟毛が密生します。根生葉は長柄があり、3出複葉で小葉柄を挟んで更に2回羽状に裂けます。茎葉は茎頂に3輪生、掌状に深裂し、柄はないか、あっても短い。
花は茎頂に1つで上向きに咲き、花径3.5cm、花弁はなく、萼片は6枚で外側は毛が密生し、内側はクリーム色

 

2016.2.5 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 葉2
  • 葉3
  • 果実
  • 風景

ツクモグサ-全体

寒気が入った上に薄曇りでなかなか開かず、3時間待って、ようやくいくつかが
開いてくれました。本当はもう少し開いて杯状になる。(2014.6 長野県八ヶ岳)

ツクモグサ-全体2

花の基部にあるのが3枚の茎葉、根元にあるのが根生葉。
(2014.6 長野県八ヶ岳)

ツクモグサ-全体3

全草に毛が多く見られます。
(2014.6 長野県八ヶ岳)

ツクモグサ-花

咲き始めの状態。花弁に見えるものは萼で6-8枚。花弁はない。
(2014.6 長野県八ヶ岳)

ツクモグサ-花2

咲き進んだ状態。雄しべが開き、多数の雌しべ(集合果)が見えます。
(2014.6 長野県八ヶ岳)

ツクモグサ-花3

花柄にも長毛が見られます。
(2014.6 長野県八ヶ岳)

ツクモグサ-葉

花の終わり頃の葉。茎や葉の軟毛はほぼ抜け落ちている。左が茎葉、右が根生葉。茎葉は3枚で短い柄があり3深裂、更に裂けます。根生葉は2回3出複葉。(2009.7 八ヶ岳)

ツクモグサ-葉2

花期の茎葉。毛に覆われている上に展開していないものも多い。
(2014.6 長野県八ヶ岳)

ツクモグサ-葉3

花時の根生葉。展開が始まるのは開花と同時くらい。
(2014.6 長野県八ヶ岳)

ツクモグサ-実

花が終わって1カ月くらいの状態です。
(2009.7 八ヶ岳)

ツクモグサ-風景

(2014.6 長野県八ヶ岳)