ヤツガタケキンポウゲ

top

キンポウゲ科 Ranunculaceae
丈は5-20cm、根生葉は1-4個で6-12mmの腎円形、3中~深裂、葉身基部に毛が見られます。葉柄は葉身より長く、軟毛がまばらにあります。上部の茎葉は長さ1cmで3全裂で裂片は線形から広線形。
花は茎頂に1つ付き、径7-10mm、萼片は舟形で伏毛が密生し縁は膜質。

 

2019.7.31 作成
  • 全体
  • 全体2
  • 花2
  • 葉2
  • 葉3
  • 葉4

ヤツガタケキンポウゲ-全体

苦労してやっとこさ行ったのに咲いていたのはこれ1株だけ。
(2019.7 長野県八ヶ岳)


1株なので前の写真と同じ株。丈は10cm足らず。
(2019.7 長野県八ヶ岳)


(2019.7 長野県八ヶ岳)


萼片には伏毛があり、縁は膜質で黄色味を帯びていました。
(2019.7 長野県八ヶ岳)


根生葉は5個見られた。右下の2つは花の付かない別株のようでした。
(2019.7 長野県八ヶ岳)


根生葉。1cmかそれ以下で、3中~浅裂。
(2019.7 長野県八ヶ岳)

ヤツガタケキンポウゲ-葉3

柄の付け根付近の葉脈に毛がやや多く見られた。
(2019.7 長野県八ヶ岳)

ヤツガタケキンポウゲ-葉4

茎葉。3全裂し、裂片は線形でした。
(2019.7 長野県八ヶ岳)