ハマゴウ / シロバナハマゴウ

top
クマツヅラ科 Verbenaceae
シソ科 Lamiaceae
匍匐性の小低木。
枝は灰褐色で、若い枝には短毛が密生します。葉は3-6cmの広卵形~楕円形で全縁、両面に微毛があり、白っぽい。十字対生します。
花は円錐花序に付きます。花冠は長さ1.2-1.6cm、5裂し、下側の1片が大きい
希に白花がありも、シロバナハマゴウと呼ばれます。

 

2017.7.30 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 花2
  • 花3
  • 花4
  • 実2
  • シロバナハマゴウ
  • 同・花

ハマゴウ-全体

枝を匍わせ、立ち上がって花を付けますから、
このように直線的に並びます。(2010.10 千葉県館山市)

ハマゴウ-全体2

(2015.10 千葉県館山市)


ハマゴウ-全体3

果期。
(2016.11 千葉県館山市)

ハマゴウ-花

花冠は先端が5裂し、下側の一片だけ大きく唇状になります。
(2008.9 千葉県銚子市)

ハマゴウ-花2

雄しべは4、花柱は先端が小さく2裂。萼にも細毛が密生して白く見えます。
(2017.7 千葉県 旧・富浦町)

ハマゴウ-花3

下唇は3裂し、中央が白く、斑があり、毛が密生。中央裂片が大きく浅い皿形、
上唇は2裂で裂片は後に反り返る。(2017.7 千葉県 旧・富浦町)

ハマゴウ-花4

(2015.10 千葉県館山市)


ハマゴウ-実

黒い球形で下部は萼に包まれています。
(2007.11 茨城県・旧波崎町)

ハマゴウ-実2

まだ少し若い果実
(2015.11 静岡県下田市)

ハマゴウ-葉

葉は十字対生し広卵形~楕円形、全縁。
(2007.9 千葉県銚子市)

ハマゴウ-茎

枝は茶色で細毛があります。葉は対生で柄がある。
(2015.10 千葉県館山市)

ハマゴウ-春

(2016.4 千葉県館山市)


シロバナハマゴウ-全体

かなりまとまって見つかりました。
(2010.10 千葉県・旧飯岡町)

シロバナハマゴウ-花

シロバナハマゴウ (f.albescens)
(2010.10 千葉県・旧飯岡町)