イヌビワ

top
クワ科 Moraceae
3-5mの落葉小高木。葉は互生し、8-20cmの卵状楕円形、先は急に尖り、基部は円形~浅い心形、両面無毛。
花は花嚢(かのう)で葉腋に1つずつ付き、雌雄同形で8-10mmの球形。果実(果嚢)は径2cm、黒紫色に熟します。

 

2020.9.5 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 葉2
  • 葉3

イヌビワ-全体

海岸から数10m入った田んぼ脇の林縁で見られました。
(2020.8 千葉県富津市)

イヌビワ-全体2

(2020.8 千葉県富津市)

イヌビワ-実

果嚢は径20mm。花嚢も同形で径8-10mm。
(2020.8 千葉県富津市)

イヌビワ-葉
葉はふつう卵状楕円形・・・ですが、ここでは倒卵状楕円形でした。
多少違和感はありますが、ホソバイヌビワという品種もあり、変化があるのではと思われた。(2020.8 千葉県富津市)

イヌビワ-葉2

葉が楕円形のもの。変化が多いように感じます。
(2020.9 千葉県鴨川市)

イヌビワ-葉3

葉裏も無毛。
(2020.9 千葉県鴨川市)

イヌビワ-枝

(2020.9 千葉県鴨川市)