マグワ

top
クワ科 Moraceae
養蚕業などで栽培されていたものの逸出。雌雄別株。
落葉高木で丈は6-15m、葉は8-15cmの卵形~広卵形で、裂けないものから3裂するものまであり、先は尖り基部は浅いハート形、洗い鋸歯があります。
花は新枝の早きに付き、雄花花序は4-7cm、雌花花序は5-10mm。集合果は1.5-2cmの楕円形で黒紫色に熟します。先端に花柱がわずかに残りますが、ヤマグワのように長く残りません

 

2019.5.30 更新
  • 全体
  • 全体2
  • 全体3
  • 実2
  • 葉2

マグワ-全体

遊水地内に点々と見られ、果実も沢山実っていました。
(2011.6 栃木県 渡良瀬遊水地)

マグワ-全体2

河川敷で多く見られました。
(2019.5 茨城県・旧水海道市)

マグワ-全体3

(2019.5 茨城県・旧水海道市)


マグワ-実

黒くなると食べられます。ジャムにもできるそうです。
(2011.5 茨城県・旧水海道市)

マグワ-実2

熟した果実。甘味があって女性にはおおむね好評。が、酸味はほとんどなく、
私にはちょっと物足りなく感じる。(2011.6 栃木県 渡良瀬遊水地)

マグワ-葉

葉は卵形~広い卵形で先が尖ります。多くは3裂するものとしないものが混じります。
(2011.5 茨城県・旧水海道市)

マグワ-葉2

(2011.6 渡良瀬遊水地)